Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://twentysmap.blog.fc2.com/tb.php/8-d2bf3a78

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

四国いてきたよ(後篇)

2日目。祖谷渓・かずら橋へ。勿論、写真は少ないです。


金蔵寺のゲストハウス、ミカサスカサで起床。

オーナーと雑談してから見送られて出発。

この日は国道32号線で猪鼻峠越えて徳島へ、そこから祖谷渓、大歩危とループし徳島港へ一気に下るルート。

と、その前に宮川製麺所で朝うどん。おばちゃんが中々愉快でうどんもダシが独特でオイシカッタ。

香川側からズンズン山を登り、路肩に雪が現れはじめる。やがて猪鼻峠(413m)を越えて徳島県入り。

一気に下りに転じる。

やがて眼下には吉野川と阿波池田の街が。中々感動。

阿波池田の街は山に挟まれまさに「谷の街」という感じだが、活気がありつつも一昔前の(?)地方都市的な雰囲気を残している。

端的にいうととても好みであった。



阿波池田の街を抜け、山をぶち抜く徳島自動車道の高くそびえる橋を仰ぎ見て、やがて県道32号線への分岐へ。

なかなか険道チックな県道。車はほとんど通らない。

それにしても谷が深い。

DSC_1231.jpg

DSC_1232.jpg

ゆるい上りが20キロ近く続く。

やがて谷底が見えないぐらい深くなる。

こんな深い谷があるなんて。感激でスピードは増す。

そして有名な小便小僧が現れた。

見てくださいこの谷の深さ!(たかた社長風)

DSC_1234.jpg

正直期待以上だった。すごいぞ祖谷渓。

そして祖谷の集落へ。

集落というか、団地っぽい建物とかあって意外と人口が多そうだ。

いつも思うのだが、こういった環境で暮らしている人々は間違いなく心が強い。

かずら橋は祖谷渓から更に奥である。祖谷川を遡上するよう進む。

高規格な道が続く。素晴らしく気持ちいい。

DSC_1235.jpg

そして遂にかずら橋へ。

意外にも人っ子一人居ないのだが、こんな時期に来るやついねーよということか。

DSC_1237.jpg

雪化粧した祖谷の山々を背にしたかずら橋。

思っていたより小さかったのだけれど、その存在感は十分といった感じ。大満足。



さて、目的地は全て巡った。あとは徳島港へ抜けるだけ。

途中、西祖谷の道の駅へ立ち寄る。小さな小さな道の駅だが、物販のおじさんが気さくで面白い方だった。

おじさん曰く「こんな時期に自転車乗りとはまた珍しいね」。

お昼過ぎだったし地元のパン屋さんが卸しているというパンをいくつか購入。素朴な味でなんだか落ち着く。

また峠を越えて大歩危へ抜ける。あとはR32を吉野川に沿ってひたすら下れば徳島市街だ。

そう思っていた時期が私にもありました・・・。



徳島駅前に着いたのは19時頃。

途中、なんだか体調に違和感を感じながらも無事徳島港の南海フェリー乗り場へ。

待合室でおばあさんと話していると何故かお小遣いとして2,000円貰ってしまった。

なんか貰い慣れてる感があってちょっと悔しいのだけど、ありがたく頂戴した。

ちなみに僕は左っすね。

DSC_1238.jpg

和歌山港着が0時過ぎの最終便に乗船。

桟敷席に横になり体を休める。

そして目が覚めると・・・



えげつない悪寒。

体は力が入らない。

やっちまった・・・。




まさか旅の最後にこんなことになるとは・・・。

2日間薄着で走っていたからだろう。猛烈に反省。

とりあえずフラフラになりながら国体道路沿いのネカフェへイン。

シャワーのない店舗だったので(というか和歌山市内にはシャワーのあるネカフェがない)

ブランケット3枚ぐらい借りてブルブル震えながら夜を明かし、翌日の惜しげもなく特急券買って帰阪。

まぁ無事に帰って来れただけよしとしましょうか。



それにしても四国、やはり楽しい。

多彩な風景、特徴ある街並み、見とれてしまう山並み。

まだまだ走り足りない。

とりあえず次は四国カルスト、そして未だ未攻略のしまなみ海道へ行かなくては。

その時は沢山の着替えと風邪薬を持っていこう。


(おわり)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://twentysmap.blog.fc2.com/tb.php/8-d2bf3a78

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トムラウシ

Author:トムラウシ
自転車にも乗る学生。自転車乗りではない。


2013年、大学を1年間休学し220日間・1万2,885キロの自転車日本一周の旅を完了。応援ありがとうございました。

見てくれた人

フォローしてやってください

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。